活動報告

ここでは、東京都歯科技工士会がおこなった、それぞれの催事の活動報告を発信しています。ご興味を持たれたものについては、是非ホームページ内の「お問い合わせ」にご連絡下さい。お問い合わせが多い場合、同じ研修会、講演会でも何度でもおこなって参ります。次回には是非ご参加下さい。
2016 年 12月 16日 Posted by editor

平成28年度 都技野球連盟 活動報告

平成28年度 都技野球連盟 活動報告

 

平成28年度の都技野球連盟リーグ戦5月15日()の時点で2勝2分の同率首位だった北と文京が最後まで優勝争いをする展開となりました。

9月と10月の試合がそれぞれ1日ずつ延期となってしまい、最終戦が行われたのは肌寒くなってきた11月23日(祝・水)。この日の公式戦最終試合の文京対北が優勝決定戦となりました。

ここまで文京は5勝1敗2分、対する北は4勝1敗3分。文京はこの試合に勝利または引き分け、北は勝利で逆転優勝という天王山。

1回表の文京の攻撃を0点に抑えた北はその裏、四球とエラーからチャンスを作り連続タイムリーで5点を先制して試合の主導権を握ります。文京は2回と3回にそれぞれ1点ずつを返し後半へ向けて流れを変えたいところでしたが、北は4回に武田一実選手のタイムリーで2点を追加すると、続く5回には疲れのみえた文京投手陣からダメ押しの4点を加え11-3と大勝。逆転優勝で2年振りに優勝旗を手にしました。

2年連続で最終戦まで優勝チームが決まらず、今季のリーグ戦も盛り上がりました。

☆平成28年度順位表
    文 京 葛 飾 江 東 勝 敗
1   5勝1敗3分
2 文 京   5勝2敗2分
3 葛 飾   4勝4敗1分
4 江 東   1勝8敗
                               

 

7月18日(祝・月)には在京歯科技工士学校の学生との親善試合を行い、こちらは4年目と恒例企画になっています。

9月22日(祝・木)に予定されていた第42回首都圏ブロック大会は、残念ながら昨年度に引き続きグラウンドコンディション不良で中止となってしまいました。

 

若い選手も未入会から参加して、野球活動を通じて入会してくれています。

%e9%83%bd%e6%8a%80%e3%80%80%e9%87%8e%e7%90%83

 

都技の野球チームは現在4チームですが、各地域歯科技工士会から参加されています。

会員の健康増進目的や相互コミュニケーションの場である都技野球への参加は何処の地域会員でも構いません。参加ご希望の方は都技野球連盟理事長・太田(葛飾)までご連絡ください。

勤務先電話番号&FAX番号 048-225-4388

文責 原(文京)

2016 年 12月 01日 Posted by editor
地域報告

平成28年度 練馬歯科技工士会 レクリェーション報告

 

尾瀬ヶ原、鳩待峠、至仏山ハイキング

~え、もしかして、これって遭難ですか?~

 

練馬歯科技工士会 総務担当 伊藤秀樹

 

平成28102日 練馬歯科技工士会では、恒例のレクリェーションを実施しました。毎年、BBQやハイキングなど多くの催しを主催しておりますが、今回は、尾瀬ヶ原へのハイキングを行うことにして、計画をいたしました。参加者は、会員と家族など総勢17名。練馬高野台に集合して、いざ、鳩待峠まで。

 

幹事は伊藤が務めさせていただき、鳩待峠駐車場到着から早々に山の鼻ビジターセンターまで、全員で1時間の歩き。さて、牛首分岐を目指す尾瀬ヶ原ハイキング組と至仏山へのハイキング組に分かれるはずが、全員、至仏山へとなり、一瞬、本当かなとは、感じましたが、私もよく見る尾瀬ヶ原の絶景写真を撮りたくて、皆さんを先導するように、至仏山へ誘導しておりました。

 

出発前には、至仏山の知識が無かったので、ネットで検索しましたが、山ノ鼻から鳩待峠まで6時間少しで走破、また、「山ノ鼻との標高差は820m強。一般ハイカーでも十分に登頂可能です。」との記載に勘違いに気が付かないまま、気持ちよく「山ノ鼻」をスタートしました。

 1002nerima-recreation

最初は、木道の平坦な移動、徐々に上り坂になり、最後は四つん這いになりながらの登山です。え、ハイキングじゃないの?これって登山?

 

そろそろ、勘違いに気が付き始めました。もともと登山の予定ではない。しかし、至仏山は、登頂は一方通行、森林限界から先は、戻ることができません。終点の鳩待峠までたどり着かなければ、トイレも無し。

 

気が付きました、もしかしたら、ヘリコプターでの救助が必要かと。

 

仲間の無線で先行者は、頂上を超え、下山を始めたとのこと。え、、、私は、まだ、山頂まで1/3

無線も届かなくなった頃、やっと頂上らしき所、しかしここは山頂ではなく、山頂はその先でした。時間はすでに14時、まずい、幹事の私は、出発時に皆さんに「鳩待峠には、1530分には戻ってください、16時は、駐車場を出発します」と、アナウンスしてしまった。

 

時間的な焦りが生じて、気も動転して、足ももたつき、山頂に達したのが16時、やっとここまで来たか、あとは、下るのみだなと思ったのは、一瞬で、その先に小至仏山山頂まで40分の案内。

ダメだ、日が暮れる!

その頃から携帯が鳴り始め、「今どこですか、」「大丈夫ですか?」携帯には、大丈夫と答えましたが、

正直なところ、この山頂で一夜を過ごそうかと考え始めておりました。

次の電話で、「武田さんが迎えに行きました、もう会えましたか?」え、迎えに来てくれているの?

申し訳ない、すでに鳩待峠に到着して、ゆっくりしていられるのに、私のために、戻ってきてくれているのか、本当に申し訳ない。

 

足が少しずつ動き始めました、しかし、何とも岩が大きく、下ると言っても、手をついて、しまいには、尻までついて降りないと、どうにも下れない所ばかり。足元だけ見ていると、コースをそれ、見えない崖下が見えそうになります。あたりが少し薄暗くなり、日没が近いことが感じられました。霧も出て、気温が低くなり、歩みを止めれば、低体温になることは予想できました。

 

武田さんとは、日没前に会う事ができ、大変勇気づけられました。こんなところに留まってはいけない、最後まで歩かないと。

 

木道に差し掛かり、山道が確認しやすくなったところで、日没を迎え、あたりは、闇夜となりました。

この日は、新月、月の明かりも全くなく、本当の闇。幸い、小さな懐中電灯を持参していたので、足元を照らしながら、ゆっくりと下りました。

 

私の体は、すでに限界を超えており、前の日の徹夜、日々の不摂生、それら集大成が今、この体に来ている。しばらく歩くと道標「鳩待峠2.9km」え、、、まだそんなにあるの、、、

そこに電話、「伊藤さん、19時で鳩待峠のゲートが閉まって、我々は閉じ込められます」え、、、、、。

じゃ、私を残して、自動車は、先帰ってと伝えようと思ったら、鳩待峠の関係者がいろいろと騒ぎはじめ、19時ぎりぎりを狙う事にして、とりあえず、1830分までの下山を試みました。

 

しかし、見えた道標は「鳩待峠2km」、もうだめだ、19時に鳩待峠の駐車場に戻れない。絶体絶命です。

また電話です「安心してください、どうにか、時間外にカギ空けてもらえる算段付きました」

あ、良かった、これで、全員、本日中に自宅へ帰ることができる。

安堵感とともに、私の体は、もう、一歩も前に出なくなり、あとは気力のみとなりました、

気が付くと二度も後ろに倒れ、そこが草木であってよかった、岩じゃなくて。岩、草木が交互に現れて、暗闇の中、木道が途切れると、50㎝ぐらいの段差が突然あらわれる。超えられない。

道標が「鳩待峠1㎞」の案内。あと少し、でも足が出ない。頭がくらくらする。と、そこには、仲間が闇の中から、突然現れました、助かった。あとは、脇を支えられて、最後の段差を下りました。

     尾瀬、至仏山からの尾瀬ヶ原

 

鳩待峠関係者の皆様、お騒がせしました、また、配慮など、ありがとうございました。

そして、仲間の皆様、ありがとうございました、皆様の励ましで、ここに下山することができました。

ふと思うと、ニュースに出る遭難とは、こんなことから生じるのだなと考えました。私も遭難していたという事なのだろうなと、もしも、山頂で夜明かししたら、何が出てくるか分かりませんでした。

後に仲間の話では、獣のにおいがしていたと言っておりました、熊出没の看板もあります。

今ここに戻ってきて、仕事ができることに感謝いたします。

 
 
2016 年 09月 21日 Posted by editor
ほるほる

第17回歯型彫刻コンテスト『ほるほる』受賞者

 

%e3%81%bb%e3%82%8b%e3%81%bb%e3%82%8b%e5%86%99%e7%9c%9f

 

 

 

 

 

 

 

 

 

%e7%ac%ac17%e5%9b%9e%e6%ad%af%e5%9e%8b%e5%bd%ab%e5%88%bb%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%86%e3%82%b9%e3%83%88%e3%80%8e%e3%81%bb%e3%82%8b%e3%81%bb%e3%82%8b%e3%80%8f%e5%8f%97%e8%b3%9e%e8%80%85-%e6%9c%80

2016 年 06月 01日 Posted by editor
都技野球連盟

平成28年度 都技野球開幕 葛飾開幕ダッシュもその後失速

IMG_3096IMG_3099
 
都技野球連盟広報  原 晃

 

 平成28年度の都技野球連盟リーグ戦の開幕戦が3月13日(日)に埼玉県三郷市の亀有信用金庫早稲田支店グラウンドで行われました。ホームグラウンドである亀信での開幕戦は3年振り、今季も4チーム3試合の総当たり戦で10月2日(日)まで9日間18試合が行われる予定です。

 今年度も好天となったものの、まだ肌寒い時期の開幕。江東対葛飾で始まった開幕戦は、昨年北から優勝旗を奪還した葛飾が13-1と快勝。連覇へ向けて幸先の良いスタートとなりました。第2試合との間に行われた恒例の開幕式では、先ず太田理事長の挨拶で「昨年始動した若手陣・ヤンガースの未入会者に入会してもらい野球連盟の足場を固めたい。」との発言があり、それに呼応するように西澤都技会長からも「入会者を増やしたい。」との話しがありました。

 続く昨年度の表彰の後には、ヤンガースのメンバーが還暦祝いにと贈った赤バットを持った太田理事長が打席に、西澤会長がマウンドの立つという粋な始球式が行われました。

 記念撮影のあと行われた文京対北の対戦は、5-1と有利な試合展開を進めていた文京に、北が最終回に追いつき5-5の引き分け。奇しくも昨年北と開幕戦で引き分けた文京は、またしても引き分けスタートとなりました。

 5月15日(日)の時点で8試合を消化して、2度目となった対戦も引き分けをなった北と文京が2勝2分で同率首位。江東はこの日12-5で開幕戦の借りを葛飾に返し1勝3敗同士となりました。

 

  平成28年度公式戦順位表   (5月15日現在)

       文 京  江 東 葛 飾  勝 敗
 1 Den-tec Tokyo           2勝2分
 2 文 京    Den-tec Tokyo           2勝2分
 3 江 東           Den-tec Tokyo    

1勝3敗

 4 葛 飾                   Den-tec Tokyo

1勝3敗

 

 7月18日(祝・月)には既に4回目を数える在京歯科技工士学校の学生との親善試合を今年も企画しています。

 また9月22日(祝・木)には昨年は残念ながらグラウンドコンディション不良で中止となった首都圏ブロック大会も予定されております。

 

 都技の野球チームは現在4チームですが、各地域歯科技工士会から参加されています。

 会員の健康増進目的や相互コミュニケーションの場である都技野球への参加は何処の地域会員でも構いません。参加ご希望の方は都技野球連盟理事長・太田(葛飾)までご連絡ください。

勤務先電話番号&FAX番号 048-225-4388

 

2016 年 01月 05日 Posted by editor
都技野球連盟

平成27年度 都技野球連盟 活動報告

都技野球連盟広報  原 晃

 

 平成27年度の都技野球連盟リーグ戦は昨年覇者の北が開幕2連勝と幸先の良いスタート。文京と葛飾は開幕戦で昨年度最終戦に続き引き分けます。4月29日(祝・月)の試合で北との初対決を制した葛飾が有利に進めるかと思いきや、5月17日(日)に葛飾はまたしても文京と引き分け。6月14日(日)の試合で江東にも敗れ北に引き離されます。しかし7月12日(日)の直接対決で再度北を下した葛飾はここから3連勝。対する北は9月13日(日)に文京に敗れ、北 5勝3敗 葛飾5勝1敗2分 で10月4日(日)の最終戦直接対決に持ち込みます。

 勝ったほうが優勝となるこのゲーム。初回に3点を先制した北から2回表に葛飾は、今年還暦を迎えた太田選手(都技野球連盟理事長)のセンター前2点タイムリーなどで5点を入れて逆転。7-5と葛飾2点リードで迎えた最終回に2点を加え9-5と引き離すとその裏、先発の立花(賢)投手が2点を奪われるものの完投して9-7で葛飾が勝利。通算成績6勝1敗2分で優勝しました。

 最終戦まで優勝チームが決まらず、また最終回まで点の取り合いとなったスリリングな展開で盛り上がった今季のリーグ戦でした。

 

 9月23日(祝・水)に行われる予定だった第41回首都圏ブロック大会は台風によるグランドコンディション悪化の為に残念ながら中止となってしまいましたが、7月20日(祝・月)には在京技工学校学生との親善試合も3回目を開催し恒例行事となってきました。

 

  平成27年度公式戦順位表

       葛 飾 北     文 京  江 東 勝 敗
 1 葛 飾 Den-tec Tokyo       6勝1敗2分
 2    Den-tec Tokyo   5勝4敗
 3  文 京      Den-tec Tokyo  

3勝4敗2分

 4  江 東            Den-tec Tokyo 2勝7敗

 

  会員の健康増進目的や相互コミュニケーションの場である都技野球への参加は何処の地域会員でも構いません。28年度のリーグ戦も3月末に開幕予定です。新メンバーは随時募集しておりますし、どちらの地域歯科技工士会所属でも構いません。参加ご希望の方は太田(葛飾)までご連絡ください。

勤務先電話番号&FAX番号 048-225-4388

 

2015 年 09月 01日 Posted by editor
都技野球連盟

平成27年度 都技野球連盟 親善試合 報告

都技野球連盟広報  原 晃

 

 晴天の7月20日(祝・月)に今年も在京歯科技工学校の学生さん、入会済・未入会若手技工士との親善試合を行なう事ができました。 

 1回表、マスターズ改めマイスターズの攻撃。ヤンガース先発・伊波から先頭の広瀬が四球を選び2盗からワイルドピッチで3塁へ。小川(栄)が連続四球から2盗。野田のサードゴロがフィルダースチョイスで無死満塁。しかし小川(弘)のショートゴロはホームフォースアウト。ボールがファーストへ送られる間に小川(栄)がホームをつくもタッチアウト。横内四球で再び満塁も西元三振で三者残塁の無得点。

 その裏のヤンガースの攻撃、マイスターズ先発の佐々木から橋本がセンターオーバーの2塁打。続く高橋はセカンドゴロでワンアウト、ここでランナー橋本がホームをつくもタッチアウトでツーアウト。武田ライトフライでお互いチャンスをものに出来ず無得点。

 2回のヤンガースは大森がマウンドに。原が四球から2盗3盗を決め、パスボールの間にホームに突っ込み先制点。

 2回も佐々木は森、大森、平松を三者凡退に抑えます。

 3回からヤンガースは武田がマウンドに。いきなり野田、小川(栄)に連続死球を与えると横内がレフト前に運び無死満塁。西元三振後、原のサードゴロエラーで野田が還り、小川(弘)もホームを突くがタッチアウトでこの回1点。

 3回裏ヤンガースは金子が死球で出て2盗すると、伊波がセンターへのタイムリー。バックホームの間に伊波は2塁へ進むと、立花三振後橋本のショート後ろへのポテンヒットの間に伊波が還り同点に追いつきます。高橋がライト前ヒットから2盗してランナー2,3塁の場面で武田がレフトへ大きな犠牲フライを放ち橋本が還って逆転。

 4回のマイスターズの攻撃は佐々木、鵜飼、広瀬が三者凡退。

 その裏ヤンガースは一死後平松がセーフティーバントで出塁からの2盗を決めると、金子がセンター前ヒットでランナー1,3塁。ここでパスボールが出て平松が還り1点追加で4-2。

 5回表マイスターズは小川(栄)がサードゴロエラーからワイルドピッチで2塁へ。野田に変わり代打の池田が四球を選び、1,2塁から小川(栄)が3盗。横内のサードゴロの間に小川(栄)が還り4-3。

 1点差に詰め寄られた5回裏のヤンガースの攻撃。1死後高橋が右中間へスリーベースヒット。武田がショート後方へタイムリーで1点。

 6回からヤンガースは橋本がマウンドへ。無得点に抑え流れを引き寄せるとその裏の攻撃、平松のサードへの内野安打に続き金子もサードエラーで出塁。このチャンスに伊波がライトオーバーのランニング3ラン!立花もレフトへヒットを放ち続くと1死後高橋がライトへ2打席連続スリーベースヒットで立花が還るなどこの回5点。

 7,8回はお互いに無得点で試合終了。今年は10-3と大差でヤンガースが勝利しました。

太田理事長

太田理事長

 

 「学生が愛歯の伊波君1人と少し残念ではありましたが、猛暑の中2時間30分にも及ぶ熱い戦いとなりました。9月の首都圏ブロック大会 優勝へ向けての良い練習になったと思います。是非フルメンバーで優勝旗手にしてもらいたいと思います。」(太田理事長)

 皆さんありがとうございました。

 

 

7月20日(祝・月)親善試合スコア

  1 2 3 4 5 6 7 8
マイスターズ 0 1 1 0 1 0 0 0   3
ヤンガース 0 0 3 1 1 5 0 0 10

勝利投手:武 田

敗戦投手:佐々木

ホームラン:伊 波

 

 野球連盟のリーグ戦は7月12日(日)の時点で首位の北(4勝2敗)を葛飾(3勝1敗2分)と文京(2勝2敗2分)が追う展開となっております。

 9月23日(祝・水)には第41回首都圏ブロック野球大会が柴又第2野球場で行われる予定です。今年は現時点で6チームが参加表明しています。

 都技の野球チームは現在4チームですが、各地域歯科技工士会から参加されています。

 

  平成26年度公式戦順位表

       北    葛 飾  文 京  江 東 勝 敗
 1  北 Den-tec Tokyo               4勝2敗
 2 葛 飾        Den-tec Tokyo           3勝1敗2分
 3  文 京              Den-tec Tokyo     2勝2敗2分
 4  江 東                  Den-tec Tokyo 1勝5敗

 

  会員の健康増進目的や相互コミュニケーションの場である都技野球への参加は何処の地域会員でも構いません。参加ご希望の方は都技野球連盟理事長・太田(葛飾)までご連絡ください。

勤務先電話番号&FAX番号 048-225-4388

 

2015 年 07月 01日 Posted by editor
都技野球連盟

平成27年度 都技野球開幕 北が今年も好発進!!

 
都技野球連盟広報  原 晃
 

 平成27年度の都技野球連盟リーグ戦の開幕戦が3月21日(祝・土)に葛飾区にある柴又第2野球場で行われました。今季も、4チーム3試合の総当たり戦で10月4日(日)まで9日間18試合が行われる予定です。 

今年度も好天に恵まれ、江東対北で始まった開幕戦は、昨年優勝の北が毎回得点と今年も調子良く7-2で快勝しました。第2試合との間に行われた開幕式では、太田理事長の挨拶の合間に2年前より行われている学生との親善試合でのメンバーが国家試験の合格報告。そして若い既卒者達と「ザ・ヤング」改め「ヤンガース」として始動するということで新調したユニフォームもお披露目されました。普段の公式戦では各チームに分かれますが、親善試合や(関東ブロック大会から改称された)首都圏ブロック大会では旋風を巻き起こしてくれそうな予感がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 優秀選手の表彰、記念撮影のあと行われた葛飾対文京の対戦は、4回で7点差と楽勝かと思われた文京に葛飾が最終回に連打で追いつき7-7の引き分け。北の連覇に追い風となりました。

 昨年優勝の北、追う文京と葛飾、そして初戦を落としたとはいえ今年は若い選手がまた入り活気づく江東とまだまだ優勝の行方はわかりません。

 7月20日(祝・月)には3回目となる在京歯科技工士学校の学生との親善試合を今年も企画しています。
 また9月22日(祝・火)もしくは23日(祝・水)には首都圏ブロック大会も予定されております。
 都技の野球チームは現在4チームですが、各地域歯科技工士会から参加されています。
 
 

 会員の健康増進目的や相互コミュニケーションの場である都技野球への参加は何処の地域会員でも構いません。参加ご希望の方は都技野球連盟理事長・太田(葛飾)までご連絡ください。

勤務先電話番号&FAX番号 048-225-4388
2014 年 03月 02日 Posted by editor
生涯研修 応用Ⅳ

【活動報告】生涯研修 応用Ⅳ「歯科界におけるチーム医療の在り方〜修復治療の変遷、そしてこれからの歯科治療〜」

「都技生涯研修 応用講習会Ⅳ」に参加して

-歯科界におけるチーム医療の在り方-           

 

Reporter 柴崎 慎也 / コアデンタルラボ横浜

 

 平成26年3月2日(日)愛歯技工専門学校(板橋区)にて標記講習会が開催された。

今回はクワタカレッジ校長、愛歯技工専門学校名誉校長、ボストン大学歯学部客員教授、

天津医科大学客員教授、アメリカ歯科審美学会(AAED)ライフフェロー、アメリカ歯科審美協会(ASDA)フェローメンバー、国際歯科セラミック学会(ISDC)フェローメンバー

国際歯科学士会(ICD)名誉フェロー、アメリカ補綴歯科学会(AP)オーナラリーフェローと数多くの略歴のある桑田正博先生の講演会に参加してきました。

 

Presentation

桑田正博氏は初めにプレゼンテーションの定義について話された。

講演 Lecture 公演 Public Performanceの違いについて述べた。

 

ポーセレンの歴史

桑田正博氏は、自身が患者になりその口腔内を治療していく上で今ある材料や技術がどの様にしてきたかを紹介した。1960年代に渡米し、スカイラー先生に出会い、金属焼付ポーセレン開発チームに入り、自らファーネスや陶材、焼成プログラムを一から作られたと語った。

修復治療とは「そこにあるべき“姿”をそこに創生する」ことである。自然に代わり神に代わって、私たち歯科医療人が担うことになると述べた。また生体親和性の良い補綴物とは、健全な咀嚼機能、発音機能、審美性、清掃性そして修復物としての強度も保証できて、長期に歯科的健康を維持(ロンジェビティー)することのできるものと話されました。

 

この会に参加して

一言で歯科技工士の鏡だなと感じました。またただの技工士ではなく色々な雑学を持っており、頭に残った言葉が「今やらねばいつ終わる、わしがやらねば誰がやる」という言葉でした。この言葉は平櫛田中という方の言葉でもあり、桑田正博氏は他の平櫛田中の作品で「わしもまだ百歳これからまだまだ出来る」と語り、自らのライフプランニングを紹介して百歳からのことを語っていました。この公演を機に日々精進したいと思いました。

2013 年 08月 04日 Posted by editor
都技野球連盟

「学生参加親善試合」 都技野球連盟 活動報告

 

 

スクリーンショット 2013-09-12 20.19.57 スクリーンショット 2013-09-12 20.20.22

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平成25年8月4日「学生参加親善試合」都技野球連盟 参加報告

都技野球連盟広報  原 晃

 

平成25年8月4日(日)に在京歯科技工学校の学生さんとの親善試合を執り行なう事ができました。3校から7名の皆さんに参加頂き、卒業して間もない2名を連盟から加えた・ヤングチームと平均年齢は恐らく40代後半のマスターズチームの対戦。

初回ヤングチームは橋本がセンター前ヒットで出塁、高橋がフォアボールを選んだあとダブルスチールで無死2,3塁と先制点のチャンスでしたが、マスターズの長老エース・佐々木投手(68歳)が大森・鯨岡・平松のクリーンアップ3選手を3者連続三振に切ってとります。

その裏のマスターズチームはレフトオーバーの松井を横内のセンターへのタイムリーで還し1点先取。

その後佐々木はヤングチームを3回ヒット1本に抑える快投を見せ、アダルトチームも橋本から追加点を上げられず3回までは投手戦。

試合が動いたのは4回表、ヤングチームは佐々木から変わった小川から鯨岡がフォアボール、平松のセカンドゴロで鯨岡フォースアウト。平松のスチール後立花のショートゴロエラーで平松が還り同点にすると福王寺のレフト前タイムリーで逆転。なおも山林のファーストゴロで二死になった後に高橋がレフトオーバータイムリーツーベースで福王寺を還し3-1とすると、ここからはほぼ毎回得点の打撃戦に変わってきます。

4-4で迎えた6回から両チームピッチャーがそれぞれ太田、高橋に代わり6回表にヤングが1点加えると、マスターズはその裏ヒット4本で6点を挙げるビッグイニング。8回を終了して11-8とリードしたマスターズがこのまま逃げ切るかと思えた9回表にヤングチームはコントールが定まらない太田を攻め、連続フォアボールで出たランナーをタイムリーヒットとタイムリーエラーで還し5点を奪い13-11と逆転します。

9回裏マスターズも粘り1点を取り追い上げるも、ライト前ヒットで出塁した横内が2盗に失敗してゲームセット。

2時間40分の熱戦は13-12でヤングチームが勝利しました。

今回は初開催で準備不足ということもあり参加校、人数共に少なめでしたが来年以降も続けて盛りあげていきたいと思います。

  1 2 3 4 5 6 7 8 9
ザ・ヤング 0 0 0 3 1 1 2 1 5 13
マスターズ 1 0 0 1 2 6 0 1 1 12

学生の皆さんありがとうございました。

 

 

※学生参加選手

日本大学歯学部附属歯科技工専門学校

山林 慎 君

鯨岡大樹 君

鶴見大学歯学部 歯科技工研修科

高橋健作 君

福王寺徹 君

大森隆晃 君

学校法人歯研会学園 新東京歯科技工学校

橋本達也 君

平松武大 君

また都技リーグ戦は各チーム5試合を消化し葛飾が4勝1敗で首位、北が3勝2敗で追っていますが、まだどのチームも優勝の可能性を残しています。

9月23日(祝・月)には第39回関東ブロック大会も開催される予定です。

 

平成25年度順位表                      
    葛 飾 文 京 江 東 勝 敗
1 葛 飾  ーーー         4勝1敗
2        ーーー   3勝2敗
3 文 京    ーーー       2勝3敗
4 江 東          ーーー 1勝4敗

 

会員の健康増進目的や相互コミュニケーションの場である都技野球への参加は何処の地域会員でも構いません。参加ご希望の方は都技野球連盟理事長・太田(葛飾)までご連絡ください。

勤務先電話番号&FAX番号 048-225-4388

広報 原

2013 年 06月 30日 Posted by editor
生涯研修 基本Ⅰ

都技生涯研修 基本講習会Ⅰ 活動報告

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「都技生涯研修 基本講習会Ⅰ」に参加して

                     大阪府歯科技工士会中央北支部 屋敷 竜一

 

横井 欣弘(よしひろ)先生をお迎えし、6月30日(日)13時から東京都歯科技工士会館にて、『都技生涯研修 基本講習会Ⅰ』が開催されました。

梅雨の真っ只中でしたが、当日は幸いにも天候に恵まれた一日でした。

他府県技工士会員2名を含む△△名が熱心に横井先生の講話に耳を傾け、メモを取っていました。横井先生を慕っている方々や、同じ研究会の先生方も多く来られていました。

第1部のテーマは「歯科技工士に必要な矯正治療の知識」でした。

歯科医院から届く矯正技工に関する質問や、矯正目的を達成するための形態、維持装置の種類やその場所など、矯正技工に携わっておられる皆さんは、製作方法でとても悩んでいるとのことでした。それらを正しい矯正装置の作製に導くためには、症例を適切に対処するために個々の症例に合った力系や材料の知識、装置の種類やその特色、そして矯正治療の期間、適正年齢や診断方法など多くの矯正技工に必要な基礎知識を理解することが一番大事なことだとお話し頂きました。

また、矯正装置、模型の平均的な技工料金などめったに聞けない内容も盛り込まれていて、まったく矯正技工と縁のない私にとりましては、興味深いお話しでした。

 

第2部のテーマは「矯正歯科技工物へのアプローチ(基本とその応用)」についてでした。

歯牙を動かすにあたり、適正な力や一度に動かせる量、また動かしにくい方向、

歯牙を動かすか、骨を動かすか等、判断、方法、手順を実際臨床のスライドに沿って説明して頂きました。また、各装置で患者さんがよくおこなう過ちとその対処方法、実際に始めた時につまずくような部分を細かく説明頂きました。今後矯正治療を視野に入れている歯科技工士にはとても役に立つ内容でした。

私は大阪府歯科技工士会員ではありますが、東京都歯科技工士会西澤会長をはじめ理事の皆様のご好意で快く参加させて頂き、とても有意義な一日を過ごさせて頂きました。この場をお借りして深く感謝申し上げます。

2013 年 06月 02日 Posted by editor
上野動物園行事

「歯と口の健康週間」 上野動物園行事 活動報告

 

スクリーンショット 2013-06-11 22.37.43

スクリーンショット 2013-06-11 22.38.11

 

 

 

 

 

 

 

 

平成25年度「歯と口の健康週間」上野動物園行事参加

中央ブロック 新宿歯科技工士会広報部員 松尾博子

 

平成25年6月2日(日)9:00~15:00上野動物園行事に三歯会(歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士)の一員として参加しました。

「生きる力を支える歯科口腔保険の推進」~生涯を通じた8020を運動の新たな展開~をテーマに、梅雨の晴れ間に開催されました。

歯科技工士会は、一般社団法人として新調されたブルーのスタッフジャンパーを身にまとい、イベントに臨みました。

入れ歯作り方コーナーでは、入れ歯作り実演(今井久氏)、製作過程のパネル展示、歯科技工物の展示、社会福祉活動のパネル展示を行いました。来場者には、ワックスペンを使った入れ歯作り体験もあり、子供たちの興味を集めていました。

どうぶつスタンプラリーでは、ラリーポイントの手伝い、ゴールでは、お土産の歯ブラシセットの袋つめ、配布等対応いたしました。この日は、上野動物園のパンダ懐妊で翌日から産休に入ることもあり、ぎりぎりの時間までゴールインする家族もいて、お土産の歯ブラシセットが足りなくなるほどの盛況ぶりでした。

会場内は、家族連れの笑顔と歓声に溢れていました。

今回もアサヒプリテック社から「面白消しゴム」300個の提供を戴きました。入れ歯作りコーナーの景品として使い大好評でした。

多くの来場者があり、ご協力頂いた各位に、心より感謝申し上げます。

2012 年 11月 30日 Posted by editor
生涯研修 応用Ⅲ

都技生涯研修 応用講習会Ⅲ 活動報告

P1020165P1020134

 

 

 

 

 

 

 

 

歯科医療従事者のためのiPad講習会(初級)」に参加して

横田真也

 

2012年11月18日(日)、BOOKSHELF CAFE(東京都中央区)にて標記講習会が開催された。

(社)東京都歯科技工士会は主な活動として年数回、応用講習会として実習型の講習会を開催しており、今年度3回目となる今回は、タブレット端末をどのように日々の臨床に取り入れていったら良いのかという内容で行われた。中村尚美氏(Spiral)を講師に迎え、普段での使用方法を臨床例を用いて紹介して頂きながら実際にiPadに触れ操作方法を教えて頂いた。若手歯科技工士からベテラン歯科技工士を含む実習14名、聴講6名が参加した。募集をしてすぐに満員になるほど人気の講習会だった。

 

まず、中村氏が臨床でどのような使い方をしているのか、何故パソコンでなくiPadなのかを発表した。営業での使用以外にチェアサイドで患者様、Dr.に術前術後をすぐに見せれコミュニケーションツールになること、ノートパソコンの大きく重たいという欠点をiPadならば小さく軽く持ち運びに便利という女性ならではの視点でiPadの魅力を提案した。購入時の注意事項として一番最初にiPadを起動させるのにはパソコンが不可欠である事を強調した。iPadとは?という初歩的な話から基本的な操作方法やパソコンからiPadにデータを転送する方法を実際の操作を見ながら説明された。

iPadを初めて触る参加者や普段から使用している参加者が居たが、①基本アプリ、②雑誌を自ら電子書籍化させる方法、③あると便利なアプリ、④iPad Keynoteでプレゼンの製作練習まで幅広いニーズに応えられた。iPad Keynoteの練習後、練習時に学んだテキストや写真の挿入の仕方、アニメーションの付け方を駆使して各自5分程の自己紹介プレゼンを製作した。短時間しか練習していないが、発表者はしっかりとしたプレゼンを製作することが出来ていた。

iPad keynoteの最大の魅力は感覚的に操作できることです。使いやすいツールで、表、グラフ、メディア、図形などの要素をスライドに追加することもできます。表の追加はワンクリックで完了。アニメーション化できる3Dグラフの追加も簡単です。Windows PowerPointとの一番の違いはiPadのみでなくiPhoneでも気軽にプレゼンを製作できることだと思います。プレゼンを一切製作したことがない方でも身近な端末で利用できるのならば、敷居が低いと思います。